わたしたちは急性期医療に携わる医療従事者に役立つ学術情報を提供します

リスターによる滅菌概念確立(Lister, Joseph:1827-1912)

リスターは、医療の領域で滅菌の概念を確立し手法を開発した人で、論文は1867年のランセット掲載ですか、日本では明治維新の1年前です。論文は、本来発表されたLancet誌の他に、BMJ(Brit Med J.)も復刻して、いずれもインターネットで読めます。また全文の朗読が"Project Gutenberg"にあります。朗読者の名前は、聞き取れた限りでは"Martin Clifton "で、朗読時間は31分で本文全体をカバーし、MP3形式で約14MBです。

滅菌の歴史で「ゼンメルワイス」という偉人が登場します。ウィーンで滅菌法を確立して産褥熱の発生率をそれまでの数十%から2%まで下げたのに、その主張が受け入れられず逆に反発されて追放されました。ゼンメルワイスが迫害されたのに、リスターの主張は受け入れられたという、両者の逆の関係が興味深い点ですが、リスターの論文を読むとパスツールを下敷きにしていたのがわかり、それを表に示します。

パスツールの事跡とゼンメルワイス、リスターの年代的関係をみると、二人の間にパスツールがすっぽりはまります。つまり、ゼンメルワイスは一人で闘ったのに対してリスターはパスツールという巨人の業績を背景に自ら闘う必要がなかったわけです。

ついでに。「リステリン」という口内滅菌薬が今もあります。アメリカの人がリスターに頼んで命名し当初はリスターに礼金を支払っていた由ですが、今はどうでしょうか。商品自体は現在もあり、液体以外にオブラートに加えた口内殺菌用もあります。

リスター:滅菌の理論と実際

参考文献:
Lister J. On the Antiseptic Principle of the Practice of Surgery. Lancet 1867.21巻(2299号、9月21日発行.)
「グーテンベルク」("Project Gutenberg")に、同じ論文の朗読が載っています(http://www.gutenberg.org/files/20196/20196-h/20196-h.htm)

このウェブサイトではクッキーを使用しています

クッキーの使用について