わたしたちは急性期医療に携わる医療従事者に役立つ学術情報を提供します

凝集反応 ラテックス凝集法・比濁法

免疫検査の基礎原理

液相中において抗原物質に特異的な抗体をコーティングしたラテックス粒子を用い、抗原物質を検出する測定系である。免疫複合体の形成によりラテックス粒子が凝集する性質を応用し、目視、濁度の増加、粒子量の確認により測定を行う検出方法である。現在、多くの項目測定に応用されている。

測定法の解説 図2参照

(1)ラテックス混濁液中に検体を分注
(2)混和、一定時間の反応を実施
(3)目視による定性判定、または、自動分析機により濁度を測定し検量線より測定値を求める

図2 ラテックス凝集比濁法の原理

メリット

  • 各種汎用の大型自動分析装置で定量測定が可能
  • 目視判定による定性判定が可能な項目がある
  • 試薬コストが比較的安価である


デメリット

  • 専用装置を必要とする場合がある
  • 単位として、μg/mL~ng/mLの感度である
  • 溶血、乳び、ビリルビン血漿等の色のついた検体により測定値が影響を受ける事がある
  • 自動分析装置の反応セルを汚染する場合がある

目次


監修:柴田宏(島根大学医学部附属病院 検査部 臨床検査技師帳)
発行:2010年

このウェブサイトではクッキーを使用しています

クッキーの使用について