ラジオメーターからのお知らせです

カスタマーストーリー(Communicator39)のご紹介

KM-CART時の遊離ヘモグロビン定量測定に関する評価

2019年10月1日

難治性腹水患者のために妥協なき治療を

東京都豊島区要町で地域医療に携わる要町病院は、1991年に腹水濾過濃縮再静注法(CART)を開始し、2009年には院内に腹水治療センターを設立しました。当センターでは年間約1,000例を超える改良型腹水濾過濃縮再静注法(KM-CART)を実施しています。

CARTにおける溶血定量評価についてご紹介いたします。

>詳細はこちら

このウェブサイトではクッキーを使用しています

クッキーの使用について