ラーニング

現在位置:TOP > ラーニング > 用語集 > 血液ガス > pO2(a)

血液ガス用語集 酸素関連パラメータ

pO2(a)

動脈血酸素分圧
pO2(a) 基準範囲 (成人) : 83〜108 mmHg (11.1〜14.4 kPa)

定義

pO2は血液と平衡するガス相の酸素分圧(または張力)です。 動脈血のpO2値が高い場合は、高酸素症、低い場合は低酸素症であることを示しています。サンプルにより、体系的な記号は、動脈血では pO2(a)で、混合静脈血では pO2(v)と記されます。分析装置の記号はpO2です。

意味

動脈血酸素分圧(張力)は、肺における酸素摂取の指標です。血液ガスハンドブックを参照してください。

臨床的解釈

血液ガスハンドブックを参照してください。

考察

動脈pO2値が低い場合については、血液ガスハンドブックの酸素化状態を参照してください。

高いpO2値の場合には酸素ラジカルの産生のため、毒性があるかもしれないので十分に注意する必要があります。これは特に新生児、早産児においてはさらに大切なことです。後者においては動脈pO2値は、75 mmHg (10.0 kPa)より高くならないようにしなければなりません。

一覧へ戻る

ページトップ