学術資料/文献

現在位置:TOP > 学術資料/文献 > 諏訪先生の血液ガス博物館

諏訪先生の血液ガス博物館

「血液ガス関係の情報のすべて」を、特に画像(写真・絵・図)を中心として電子化してブラウザーでみえるようにすべく作成した。画像に重点をおく理由は、読者への負担を避けて直観性に頼りたい故である。画像の資料は、自作の他に許可を得られた書籍から数多く採取している。

呼吸管理

呼吸管理についてまとめてあります。

人名と項目のリスト

血液ガス関係の人名と項目のリストです。

機器とモニター

機器とモニターについてまとめてあります。

機器の使用とサンプルの扱い

機器の使用とサンプルの扱いについてまとめてあります。

血液ガスの基礎事項

血液ガスの基礎事項についてまとめてあります。

インターネットでみる「呼吸器」

「血液ガスに関係の深いもの」を掲載しています。

血液ガス博物館クイズ

ここは、血液ガスの問題をクイズ形式で学ぶ項目です。
あまり生真面目に考えないで下さい。中には不真面目なのもあります。
トンチ、機知を利かせないと解けないものもあります。

プロフィール

諏訪邦夫(すわくにを)

1937年生まれ。東京大学医学部卒業、マサチュ-セッツ総合病院レジデント、ハーバード大学助手、カリフォルニア大学助教授、東京大学助教授、帝京大学教授(医学部)を経て、現在は帝京大学教授(八王子キャンパス)。専門は麻酔学。呼吸管理と血液ガスの問題、呼吸と循環のシミュレ-ションなど。ラジオメーター社顧問。
著書:『血液ガスの臨床』、『呼吸不全の臨床と生理』、『医学の古典を読む』(以上、中外医学社)『パソコンをどう使うか』(中央新書)、『発表の技法』(講談社ブルーバックス)
訳書:『医学を変えた発見の物語』、『続医学を変えた発見の物語』